金城敏樹:OVER THE BRIDGE

Kinjo solo show




KINJO:

OVER THE BRIDGE


金城敏樹  亞洲首站



因應疫情關係,KINJO 個展《OVER THE BRIDGE》除了實體空間展出外,我們也特別結合了線上VR room提供給無法前來的藏家,可以無遠弗屆去欣賞更多作品。



本次個展帶來藝術家最廣為人知的 “One’s Eyes”、“Big Cereal”系列,並突破以往創作模式,作品中加入了品牌標誌、帆布拼貼,作品的辨識度也更加深刻。


Read more



因應疫情關係,KINJO 個展《OVER THE BRIDGE》除了實體空間展出外,我們也特別結合了線上VR room提供給無法前來的藏家,可以無遠弗屆去欣賞更多作品。

VR room 連結:https://www.artland.com/exhibitions/kinjo-over-the-bridge



田奈藝術作為藝術家KINJO在海外個展的第一站,《OVER THE BRIDGE》想法來自在東京的展覽UNDER THE BRIDGE,加上藝術家工作室位於東京的城市與郊區之間,即使距離市中心不遠,但也必須穿過橋樑才能抵達,便以「穿越」、「飛越」作為遠渡來台的首場海外展覽之延伸。本次個展除了帶來藝術家最廣為人知的 “One’s Eyes”、“Big Cereal”  系列,突破以往創作模式並在作品中加入了品牌標誌、帆布拼貼外,KINJO也為首次海外個展帶來田奈藝術獨家的系列創作“Big Cereal Box” (大麥片盒) ,更提升了KINJO的作品辨識度。


人類透過閱讀作品、接收外界信息的方式有80%以上來自視覺傳遞,眼睛被認為是最重要也最直接的感知。人們透過所見接觸人、事、物後並加以判斷,然而,我們所分析的究竟是表層還是黑幕底下的真實樣貌?“One’s Eyes”是KINJO最早期開始發展的創作,他觀察到人與人之間的關係是在絲毫不了解對方的情況下窺視及觀察並做出相對應的舉動,就如同我們在伸手不見五指的空間中摸索彼此。他將自己的情感經歷與個人內在的情緒結合,試圖傳達每個⼈都有相當在意他⼈看法的階段,而慣性隱藏本色,但當你更深入地探尋、理解,所意會到的將是截然不同的樣貌。如同KINJO的作品,在無彩色的表層之下總是五彩斑斕、低調地散發著個人色彩。


藝術家善於社會觀察,認為透過網路學習及接收資訊的模式已全球化,也發覺商品包裝、廣告設計、街道看板、品牌標誌等視覺充斥在日常之中,且遠超越觀看藝術展覽的機會,藉此提出「難道這不也是藝術呈現的一種嗎?」而KINJO以兒時記憶中的罕⾒西洋商品「⿆⽚包裝」為創作基底,並且發展“⿆⽚包裝”系列,企圖重新審視現代社會中的印刷品、畫作、設計與藝術之間的關係。


由於疫情影響,本次展覽將採取線上作品詢問表單與線上空間參觀,表單將開放填寫至7/15日。可收藏清單將於關閉表單後透過郵件發送,並同時開放線上虛擬展覽。

表單連結:https://lihi1.cc/vZ1tl



「田奈藝術Gin Huang Gallery 」ではこのたび、アーティストKINJOの海外初の個展を開催いたします。《OVER THE BRIDGE》とタイトルづけられたこの展示には東京の展覧会UNDER THE BRIDGEからの発想でした。又、アーティストのスタジオは都会と郊外の境目にあり、都心からそこまで離れていませんが荒川の橋を渡らないと中心街には行けないので、その「越える」「飛び越える」というイメージの延長で、今回台湾にて初海外個展を開催いたします。この度の個展では、KINJOの名作“One’s Eyes”、“Big Cereal” シリーズはもちろん、過去の創作スタイルから脱出し、作品にブランドのロゴと帆布のコラージュを加えた上、KINJOが今回の個展のためにGin Huang Gallery専属の“Big Cereal Box” コーンフレークのパケージのシリーズを製作しました。そのため、彼の作品のブランドアイデンティティーがさらにはっきりしてきました。


人間は作品の鑑賞、情報を受け取る道の割合につきましては、約80%が視覚からだと言われています。視覚は五感の中では一番大切で、最も直接な感知だと思われます。人々は目を使い、人、事、物を見て判断を行います。ですが、私達分析してきたのは一体物事の表面?それともその裏に隠している正体でしょうか?“One’s Eyes”はKINJO初期の作品です。彼は人と人の関係作りというのは相手のことが全く分からない状況で、相手を観察し、それに順応する行動をすると気づきました。それが真っ暗闇でお互いのことわかり合おうとしているようです。KINJOは自分の感情的な経験と内なる気持ちを結びつけ、人の目が気になる時期って誰でもあって、その時期に自分の本当の姿を隠しがちです。ですが、探って、深く理解しようとすると、全く違う風景が見えてくるはずです。KINJOの作品みたいに、色がない表の裏にはいつもカラフル、そして、静かに自分の色味を滲み出しています。


KINJOの作品は幼い頃ではあんまり見かけない西洋から渡ってきた商品の「コーンフレークのパケージ」を創作ベースにし、現代社会の印刷物、絵画、デザインと芸術の関係を見直しに努めます。


新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う「田奈藝術Gin Huang Gallery 」の対応につきましては、この度の個展はオンラインで作品鑑賞も提供しておりますのでおうちで作品をご堪能くださいませ。



#StreetArt #Japanese #artist #abroad #OverTheBridge #GinHuanggallery



SELECTED WORKS

INSTALLATION VIEWS

ARTISTS